年金分割制度

年金分割制度とは

古いドラマなんかで出てきそうなセリフですが、夫が「俺が払った年金をどうして離婚して他人になるお前にやらなきゃならないんだ!」なんて喚き立てる人をイメージできないでしょうか? 実際のところ、女性の中には新しい人生を切り開こうにも、年金がもらえるかなどが不安で離婚を我慢するということが多い様です。 もちろん、それはそれでいいのですが、泣き寝入りのような方も見受けられます。 実は旦那様が働いて稼いだお金に関しては、たとえ専業主婦であっても奥様との共同財産となります。 そのため、それまで旦那さんが働いて納めてきた年金に関しても、奥様は半分受け取る権利を持っているのです。

つまり、離婚しても奥様はそれまで夫婦で支払ってきた年金を受け取れる権利があるのです! その権利を保障しているのが「年金分割制度」です。 この年金分割制度に従って請求すればたとえ専業主婦であっても夫婦間で支払ってきた年金を受け取れる権利が生じてくるのです。

この年金分割制度にはいくつか注意点があります。

・請求期限は2年間
離婚してから2年以外に年金の分割を請求しないと、それ以降は請求することはできなくなってしまいます。 そうなりますと、貰える年金は皆さんが払ってきた国民年金などしか受け取ることができなくなってしまいますのでご注意ください。

・分割できるのは夫婦間であった期間の年金のみ
まだ夫婦でなかった時の年金まで分割することは不可能です。 まだ夫婦でなかったのでしたら、夫婦で払っていたとは認められないためです。

・分割できるのは厚生年金と共済年金のみ
年金分割制度で分割できるのは厚生年金と共済年金のみです。 国民年金などの基礎年金は分割対象とはならないのでご注意ください。

以上の注意点などを確認し、年金分割制度をより詳しく調べておきましょう。

↑ PAGE TOP