離婚 年金分割

離婚 年金分割

離婚することができ、年金分割制度で年金も貰えるようになったと仮定します。 晴れて第二の人生を送ってくると、時の流れで色々と状況は変化してきます。 例えば、年金を分割していた元夫が先に亡くなったり、自分が他の男性と再婚する機会に恵まれたりすることもあります。 そんなことになった場合、年金はどうなってくるのでしょうか?

・元夫が亡くなった場合
元夫が亡くなっても、分割した年金に関しては特に何も変化がありません。 年金分割制度を利用した時点で、奥様方がそれまで年金を支払ってきた実績が奥様方にあることがはっきりします。 つまり、元夫が亡くなっても、それまで奥様が自分で年金を払ってきたことになりますので、元夫の生死に関係なく年金はそれまで通り入ってくるのです。 年金分割制度で年金を分割した時点で、夫婦間で払ってきた年金は平等に分割されています。 そのため、元配偶者がこの世に居ようと居まいと、関係なく年金を受け取ることは可能ですので、ご安心ください。

・再婚する場合
再婚しても年金分割をしていれば、年金を分割した際の年金をずっと受け続けることが可能です。 これは元配偶者が亡くなっても貰い続けられるのと同様です。 年金分割制度の効果は、死亡や再婚などには影響されないのです。

基本は特に変わらないのですが、再婚の場合は色々と複雑な要素が混じってくることがあります。 まず、再婚する男性が他の女性と離婚している場合、すでに年金分割を行っている可能性があります。 そうすると、男性の年金分割してもらっている年金は、通常よりも低い可能性があります。 これは再婚しても男性の貰う年金が増えるなどといったことはありませんので、夫婦生活は多少年金が少なめになってしまうでしょう。 また、再婚した夫が亡くなっても、遺族年金や相続を受けられないという点にも注意が必要です。

↑ PAGE TOP