年金分割

分割できるのは厚生年金と共済年金

年金分割制度によって、夫婦間で支払ってきた年金に関しては、離婚した後に分割されることが保障されています。 しかしながら、この制度でも夫と妻の年金をただ半分にするわけではありません。 きちんと両者がそれまで支払ってきた文などを公平に分けるようになっています。 決して旦那さんか奥さんどちらかを一方的に守るという制度ではないことをまずはご理解ください。

さて、まず年金分割制度で分割できる年金の種類について確認しておきましょう。 年金分割制度で分割できるのは、基礎年金を除く厚生年金や共済年金が分割の対象となります。 つまり、国民年金までもが分割の対象ではないということになります。

国民年金に関しては、全国民が加入しておく義務があります。 そのため、離婚しようとしまいと夫も妻も絶対に加入しているはずです。 そんな年金まで分割する必要はありませんので、基礎年金に関しては分割はされないのです。

厚生年金や共済年金は会社員や公務員でないと加入できない保険です。 専業主婦(主夫)の方やパート・アルバイトの方は加入できません。 とはいえ、夫婦で色々なことを分担して生活してきたのです。 どちらかが会社や公務員で働いているのを担当してきただけであって、実際には夫婦で稼いだお金で加入した年金です。 そのため、離婚しても年金分割制度によって厚生年金や共済年金は分割されることになっているのです。

会社や役所に勤めていて給料をもらっているうちにいつの間にか自分だけが年金を払っているような錯覚に陥ってしまいます。 実際にはパートナーと共同で年金を払っているという意識を常にもっておきましょう。

↑ PAGE TOP